マイレージ、キャッシュバックを稼ぎにくくなる今、どうすべきか?高還元率K-POWERカードの次を考えていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月7日「たかじんのそこまで言って委員会」より。

海に落ちた乗員を銛で突こうとしたという
話がより説得性をもって語られた。
しかも、銛で突こうとしたシーンのビデオが
撮られていたことが初めて明らかになった。


惠隆之介氏(拓殖大学客員教授、元海上自衛官)

辛坊治朗:「いやあ、ビデオごらんになりました?
見た印象はどうですか?」

惠:「やっぱりですね、私は、あのぅ、先月石垣島に
行きましたけども、あのぅ、名前は言えませんけども、
この内容はほとんど私は把握しておりました。
もっと隠された部分があると思います。
乗員が海に落ちたらしいという情報ですね、それを
銛で突こうとしたという関連も私は聞いております。」


辛坊:「それって、本当なんですか?私はね、ぱっと
石原さんの発言を聞いてると、ああ、つまりこんな噂
がはびこるというようなプレッシャーをかけて、逆に
ビデオを公開さすためのツールとして言ってるのか
なぁ、と思ったんですが、あの惠さんに入ってる情報
でも、落ちた船員を銛で突こうとしたという話が出て
くるわけですか?」

惠:「そうです。で、今、石垣島に行くと、異様な空気
でですね、漁師の方々も市民もそしてもちろん海上
保安官の皆さんも、ものすごいかん口令が敷かれて
いてですね、気持ち悪いぐらいです。
まさにファシズムですね。情報統制。」


辛坊:「ということはそれだけリアリティを感じて
いるということですか。」
惠:「感じてますね。」

辛坊:「どっから出た話ですかね。海保から出て
きた話ですかね?」
惠:「僕が出所を言っちゃうとね、もしかしたらまた
迷惑かけるので。ちょっとぼかすしかないですね。」

辛坊:「じゃあ、あの、分かりました。」

桂ざこば:「落ちたとこは写ってないんですか?その
噂だけなんですか?絵(=画像)にもあるんですか?」
惠:「かなり近い部分までは私は話は聞きました。なん
で(か)今回のビデオにはそれはちょっとカットされて
るんですけどね。」

勝谷:「あると思うし、これから出てくる可能性も。」
やしきたかじん:「マザー(ビデオ)にはあるのんと
ちゃう?」
勝谷:「マザーにはあると思う。」
辛坊:「だったらね、こういう話が出てくるんだから、
もう全部トータル10時間全部公開したらよさそうなもん
やけど。」

勝谷:「すごいかん口令が引かれているという事と、
今回の流出は、実は僕は裏表だと思うんですね。軍
とか組織とかいうものは無理無体な抑え方をすると
必ず反乱が起きるんです。
今回は明らかに海保の中の誰かが意を決して反乱を
起こしたわけで、これがもっと途上国だったらこれ
はクーデターになるわけですよ。」
惠:「海保の皆様は非常にいっしょ懸命やっておられ
るんですよ。疲労ももう限界まで達してきてるんです
ね。そこまでしてるのに、政府からですよ、釈放とい
うことがあったわけでしょ。
まさに226(事件)直前ですよ。
表現は悪いかもしれないけど。」

(中略)

田嶋洋子:「でもその銛でついた云々っていうのを、どう
して公開しないの?」
惠:「そこはですね、そこを公開した時には、今の内閣は
瓦解すると思いますね。」

(以下略)

惠隆之介氏 勇気をもって語る
スポンサーサイト

尖閣事件のビデオを見て、10月25日のエントリー
故意にみずきに衝突した中国船、海中に放り出された人がいた
の中の、みずきの傷に関する見解を変更します。

中国漁船が故意に衝突→変更なし
漁船のぶつかり方→変更あり 詳細下記。

みずき(産経新聞)


10/25では漁船が横からぶつかったとして、書き進めたが、
ビデオを見ると、漁船の船首が上から覆いかぶさるように
して、みずきに衝撃を与えていた。

この観点で上の写真を見直すと、

①デッキのラインが直線ではなく、点状痕と人の足元の中間
点で曲がっている。そこが変形の基点で、斜め後ろから来た
漁船が上から覆いかぶさってきたために、上下方向の荷重で
デッキが変形した。

②デッキはパイプで補強してあったので、変形量が十分でなく、
側面の薄い鉄板が座屈変形した。

③側面の傷は漁船と直接接触したためにできたものではなくて、
鉄板の変形によって塗料が剥離したために発生した。

④側面の鉄板は斜めのラインに沿って変形し、塗料がところ
どころはがれた。変形しにくいデッキの補強部との交点付近で、
歪量が最大になり、塗料がはがれて、点状痕になった。

⑤10月25日のエントリーに書いたような、右舷、左舷の傾きはなかった。

人が落ちるような衝撃だったかどうかについての判断は保留としたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。