マイレージ、キャッシュバックを稼ぎにくくなる今、どうすべきか?高還元率K-POWERカードの次を考えていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギリシャのデフォルトはあるのか?2

前回2/6のエントリー
ギリシャのデフォルトはあるのか?
で、ギリシャのデフォルトはまだないと言っていたのだが、
ギリシャの状況に変化が出てきた。

S&Pがギリシャ国債格下げ
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、
ギリシャ国債の長期信用格付けを「トリプルBプラス」から
「ダブルBプラス」に3段階引き下げたと発表した。

3段階引き下げは投資家に「ギリシャ国債を叩き売れ!!」
と言っているのも同じで、ドイツ国債との利回り差は年利15%
になっているという。

CMADatavisionには国債のCDSデータがのっている。
Mid SpreadはCDSの取引中値、CPDは市場参加者が見る
5年以内の債権デフォルト確率。
http://www.cmavision.com/market-data

CMADatavisionでの2010年4月28日の値は748.62だった。
市場参加者が見るギリシアのデフォルト確率は2/6の図中の式で
計算すると42%となる。

ギリシャのCDSスプレッド、ベネズエラを上回り世界最大に=CMA
ロイターによれば、さらに悪化して、911.6bpとなり、ベネズエラ
を上回って世界最悪になった。これはデフォルト確率50%に相当する。

「EUにはいられなくなるけど、まだデフォルトはないのでは?
 ここのところの急激な上昇は速すぎるので、CDS価格が
 今の2倍になれば、いよいよヤバイと言っても良いかと。」
と2/6に書いたが、デフォルトがいよいよ現実的な話になってきた。

22日には公務員が大規模ストを実施し、
「早晩、現政権が倒れて、内戦の危険が高まるかと思います。」
と2/6に書いた状況に近づきつつある。今後のドイツの態度に注目。

デフォルトになった場合、日本への直接的な影響はないが、
EU各国には大きな影響があり、景気悪化の形で間接的に日本も
被害をこうむるだろう。

そのほか2/6に述べた案件では
「国際制裁に切れた飢えた北朝鮮の南進」については、

韓国軍、3月の軍艦船沈没は北朝鮮の魚雷が原因と判断=聯合ニュース

と依然緊張は高く、ひょっとすると朝鮮戦争はすでに再開して
しまったのかもしれない。

「中国の高失業率から来る暴動悪化→貿易停止で世界経済に影響」
については、財政支出により、中国経済は一時的に活況を呈しており、
予測は外れている。

中国、痛み伴っても不動産バブルに対処すべき=中国証券報

欧州がふらふらになったら、いくら中国といえども、バブルが
はじけるのは時間の問題で、多分1年以内に混乱が見られるだろうと
思っている。

以上。
スポンサーサイト
ノートパソコンのUSBフロッピードライブから、micro SDカード
に入ったパピーリナックス日本語版の起動に成功したので、記録に残すことにした。

条件
ノートパソコンはLet's Note(CF-W7)。 
BIOSはPhoenix TrustedCore(tm)。OSはWinXp SP2。

起動順位は、USB FDD→HDD→CD→LANで、
変更できないように設定されていた。
HDDには、一切変更を加えないものとする。


USB FDDから同じくUSBに突っ込まれたmicro SD
カードに入ったLinuxを起動することを目標とした。


準備
作業用パソコン WinXp BIOSでUSB起動に設定できるもの。
USBフロッピードライブ(以前より所有)
WinXpなどでフォーマットされたフロッピーディスク1枚。 

購入品
TOSHIBA microSDHCカード 16GB Class2  約4000円
USBコネクタ内蔵式超小型 microSD カードリーダー(黒) 約500円
USBポートに挿入された状態ではわずか5mmはみ出すだけ。とってもスマートだ。
チェーンがついているのでキャップがなくならないのはとても良い。


(追記:超小型microSDカードリーダは放熱性に問題があり、
わずか数日で壊れてしまった。現在はmicroSDがUSBポートから
はみ出るタイプに変更。SILICON POWERのmicroSDHCに付属して
きたカードリーダーを使用している。)


ソフトウェア
PLoP Boot Manager plpbt5.0.8.zip
rawwritewin-0.7.zip
SD/SDHC/SDXCメモリーカードフォーマットソフトウェア
UNetbootin(for Windows)
パピーリナックス日本語版 pup-431JPqs3.iso

手順
1.上記のソフトを作業用パソコンにダウンロードして、解凍しておく。

2.PLoP Boot Manager(USBブート非対応PC用起動ディスク)
  参考にして、フロッピーにPLoP Boot Managerのイメージファイルを
  書き込む。

3.microSDカードリーダにmicroSDカードを挿入する。
  それをパソコンのUSBポートに挿入する。
  マイコンピュータなどで、ドライブ名を確認する。
  SD/SDHC/SDXCメモリーカードフォーマットソフトウェア
  でmicroSDカードの中身を完全消去する。
  次に、microSDカードをFAT32でフォーマットする。(上限32GB)
  BIOSはこれをハードディスクとして認識するみたいです。

4.UNetbootinでXPからUSBメモリ起動puppy linux作成を参考
  にして、UNetbootinでローカルに保存されたPuppy Linuxの
  isoファイルをmicroSDに書き込む。

5.作業用パソコンのBIOSをUSB起動にして、上記のmicroSDからの
  起動が可能であることを確認しておく。不具合があれば、やり直す
  か、別のLinuxで試すか、あきらめる。個人設定ファイルはmicroSD
  に保存するようにすること。

6.電源オフのノートパソコンにUSB FDDを接続し、PLoPの入ったフロッピー
  をセットする。別のUSBポートにmicroSDのセットされた写真のUSBカード
  リーダーをセットする。

7.ノートパソコンの電源を入れると、PLoPの選択画面が立ち上がる。
  WinXpが入っているHDD以外のHDD(実はmicroSD)があるので、後者の
  HDDをカーソルで選択して、エンターキーを押す。

8.Puppy Linuxが立ち上がる。感動。

9.Puppy Linuxを終了する。

感想
当初の目的はmicroSDからのubuntu9.10の起動だったが、
USBスタートアップ・ディスクの作成
Ubuntu LinuxをSDHCにインストール
UnetbootinによるUbuntuのmicroSDへのインストール 
など、いずれも作業パソコンからはUSB起動できるものの、ノートパソコンの
USBフロッピーのPLoP→microSDの2段起動には成功しなかった。
知識の不足、GRUB2のファイルがいじりにくいこと、ubuntuのフォーマットext3
などが、障害になってうまく行かなかった。GRUBを使った古いバージョンで
あれば、うまく行くかもしれないと思う。(追記:後日ubuntu8.04でUSBフロッピーの
PLoP→microSDの2段起動に成功した。)

また、カードリーダーとしてPrincetonPRD-802Hを使用した場合は、PLoPは
microSDをHDDとして認識しなかった。カードリーダーとの相性があるのだろう。

今回のUSB FDD→microSD起動の他にも、デスクトップであれば
USB(microSD)起動、FDD(PLoP)→USB(microSD)起動、
FDD(PLoP)→IDE光学ドライブ(LiveCD)起動と外出先のネットカフェなどの
任意のパソコンに自分の環境を設定できる可能性が高くなった。

PuppyLinuxを入れてみて、
動作が軽快で、ストレスが少ない。ノートパソコン向きと思う。
ブラウザはグーグルブックマークを使用すれば、特に不自由はない。
FAT32なので、WinXpの音楽ファイルを簡単に持ち出せるのはうれしい。
壁紙は気に入らなかったが、即刻別のものに張り替えできた。
ソフトを入れるのが、難しそうなので、そのうち不満が出ると思うが、
今は全体として満足。

参考資料
パピーリナックス日本語フォーラム

Ubuntu Tips/USBデバイスへのインストール/USBメディアの起動をサポート
しないBIOSを持つパソコンでUSB-HDDに通常の方法でインストールした
Ubuntuを起動するには/PLoP Boot Manager を利用する


Ubuntu9.10完全ガイド

参考にさせていただいた上記サイトすべてに感謝します。


なぜ中国は麻薬犯罪に厳罰で臨むのか?

中国で麻薬密輸罪で死刑が確定していた日本人に対して4月6日
死刑が執行された。

アヘン戦争が中国の麻薬厳罰政策に大きな
影響を及ぼしたと見ている。


アヘン戦争の復習

アヘンが中国に本格的にもたらされる以前は、英国と中国の貿易は
茶、陶磁器、絹などを輸出する中国の輸出超過だった。

銀の国外流出を防ぎたい英国政府の意を受けた
英国商人たちは、インドで栽培したアヘンを中国に
輸出し、銀の海外流出防止に対する貢献をした。


1796年清国はアヘン輸入を禁止したが、アヘンの密輸入は止まら
なかった。1800年には米国商人も通常の取引に加えて、アヘン取引
を開始した。

サッスーン商会、ジャーディン・マセソン商会などがアヘン取引に
より巨額の利益を得ていた。

アヘンに対する清国の政策論としては、
①弛禁論・・・合法化して関税を課す
②厳罰論・・・徹底的に取り締まる
があったが、1836年道光帝が林則徐を欽差大臣というアヘン取締の
特命大臣に任命し、林がアヘン取引に対して厳罰を処したことにより、
英国との緊張が高まっていった。

1839年九龍事件をきっかけとし、貿易が中断したが、アヘンを取り
扱わないと誓約した英国と米国の商人にのみ貿易再開を認めたことで、
英国を刺激しついに交戦状態となり、貿易が停止した。

ジャーディンは押収されたアヘンの完全補償と貿易再開を目的として
英国政府、英国議会を説得して、出兵に踏み切らせた。薬物汚染は
英国議会にも広がっており、保守党党首自身がアヘン製剤常習者だった。

1842年まで、途中色々あったが、戦闘継続。
1842年 南京陥落。南京条約締結により戦争終結。
多額の賠償金、香港の割譲、上海租界の設定など、清国にとっては
苦い結果となった。

こういった経緯を見ると、麻薬は亡国の腐食剤
であり、麻薬犯罪に対して厳罰で対処するという
ことは、非常に筋が通ったことであると思う。


また、英国という黒い紳士には、よく注意して付き合わないといけない。

映画「阿片戦争」(1942)より
http://www.youtube.com/watch?v=I-DtwXlYqJs

映画が作られた当時、日本は英国と交戦中というバイアスはあるものの、
下のセリフは今でも通用するだろう。

広東総督府欽差大臣 林則徐(市川猿之助)

「大英帝国の紳士諸君!
たとえ君たちがこの戦いにいかなる口実を練る事をしようとも、
正しい歴史は必ず君たちの指導とカントリーを使役する。

そして君たちは必ずいつの日か、いつの日か、
この様にまいた悪の種を自らの手で、必ず自らの手で、
刈り取らねばならなくなるだろう!


その言葉どおり、香港は1997年に中国に返還された。

「みんなのうた」に不適切映像…DVD回収へ (YOMIURI ONLINE) を読んで、
「おばあちゃんの背景に女性の尻や胸、下着姿の写真がそれぞれ
約0・1秒ずつ映っていることが判明した。」と言われる画像を検証してみた。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100402-OYT1T00928.htm

はっきりいってわいせつでもなんでもない。

「酸いも甘いもかみ分けるおばあちゃんの人生経験」
が走馬灯のように流れていくほんの一瞬なわけで。

なのに、なぜこんな画像を問題視してDVD回収にNHKを駆り立てるのか?

漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案

が影響を及ぼしていることは間違いないと思う。18歳かどうかなんて主観的な判断だし、
ポルノに反対するNHKがポルノを放置しているとでも言われかねないから。

だが、今回の反応は過剰だったと思う。

大東亜戦争前から戦争中にかけて、表現の制限が
だんだん険しくなり、そこから外れたことを表現すると
逮捕、弾圧される世の中がまたやってくるのであろうか?



なお、権利者から要請があれば、下記の画像は消去します。

コンピューターおばあちゃん1

コンピューターおばあちゃん2

コンピューターおばあちゃん3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。