マイレージ、キャッシュバックを稼ぎにくくなる今、どうすべきか?高還元率K-POWERカードの次を考えていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウオール・ストリート・ジャーナルのオピニオンに「クライメイト・ゲート」が出ていた。
日本語版出たら買うよ。日本の新聞もこのくらいは報じてほしい。

http://online.wsj.com/article/SB20001424052748703939404574566124250205490.html

Wall Street Journal

OPINION: GLOBAL VIEW DECEMBER 1, 2009
オピニオン:グローバル・ビュー

Climategate: Follow the Money
「クライメイト・ゲート」:研究補助金を追いかけろ!

By BRET STEPHENS

Last year, ExxonMobil donated $7 million to a grab-bag of public policy institutes, including the Aspen Institute, the Asia Society and Transparency International. It also gave a combined $125,000 to the Heritage Institute and the National Center for Policy Analysis, two conservative think tanks that have offered dissenting views on what until recently was called—without irony—the climate change "consensus."
昨年、エクソンモービルは700万ドルをアスペン研究所、アジア協会とNGOトランスペアレンシー・インターナショナル含む種々の公共政策機関に寄付した。加えて、ヘリテージ研究所と国立政策分析センターに合わせて125,000ドルを与えた。それら2つの保守的なシンクタンクは最近まで(皮肉ではなく)気候変動「コンセンサス」と呼ばれる反対意見を提供していた。

To read some of the press accounts of these gifts—amounting to about 0.0027% of Exxon's 2008 profits of $45 billion—you might think you'd hit upon the scandal of the age. But thanks to what now goes by the name of climategate, it turns out the real scandal lies elsewhere.
エクソンの2008年の450億ドルの利益のおよそ0.0027%の贈り物のプレス報告のいくつかを読むことは、あなたが現代のスキャンダルにぶち当たったと思うかもしれない。しかし、現在「クライメイト・ゲート」という名で進行する事件のために、本当のスキャンダルがどこか他にあることがわかる。

Climategate, as readers of these pages know, concerns some of the world's leading climate scientists working in tandem to block freedom of information requests, blackball dissenting scientists, manipulate the peer-review process, and obscure, destroy or massage inconvenient temperature data—facts that were laid bare by last week's disclosure of thousands of emails from the University of East Anglia's Climate Research Unit, or CRU.
このページを読んでいるような人は知っているように、「クライメイト・ゲート」は何人かの世界の指導的気候科学者に関係しており、彼らは徒党を組んで情報請求に対する自由を邪魔し、反対意見の科学者を追放し、論文査読を操作し、不都合な温度データをぼやけさせたり、除外したり、ほぐしたりする。-その事実は東アングリア大学・気候研究ユニット(CRU)からの数千のメールが公開されたことで、あらわになった。

But the deeper question is why the scientists behaved this way to begin with, especially since the science behind man-made global warming is said to be firmly settled. To answer the question, it helps to turn the alarmists' follow-the-money methods right back at them.
しかし、より深い問題は、特に人間活動による地球温暖化の基盤になる科学にけりがついたと言われるのに、それら科学者がなぜこのようにふるまったかということだ。その問いに答えるには、人騒がせな人の「研究補助金を追いかけろ!」方式の時間を巻き戻すことが助けになる。

Consider the case of Phil Jones, the director of the CRU and the man at the heart of climategate. According to one of the documents hacked from his center, between 2000 and 2006 Mr. Jones was the recipient (or co-recipient) of some $19 million worth of research grants, a sixfold increase over what he'd been awarded in the 1990s.
CRUの責任者であり、クライメイト・ゲートの中心人物フィル・ジョーンズの場合を考えてみよう。彼のセンターからハッキングされた文書によると、2000~2006年に、ジョーンズ氏は、約1900万ドルの相当の研究補助金の受取人(または共同受取人)であり、それは1990年代の6倍増だった。

Why did the money pour in so quickly? Because the climate alarm kept ringing so loudly: The louder the alarm, the greater the sums. And who better to ring it than people like Mr. Jones, one of its likeliest beneficiaries?
なぜ、研究補助金がそれほど速く流れ込んだのか?それは、気候変動アラームがうるさく鳴り続けたからだ。アラームがうるさいほど、研究補助金はより多い。そして、ジョーンズ氏(いちばん利益にあずかりそうな1人)のような人々よりも、うまくアラームを鳴らすのは誰なのか?(誰もいない)

Thus, the European Commission's most recent appropriation for climate research comes to nearly $3 billion, and that's not counting funds from the EU's member governments. In the U.S., the House intends to spend $1.3 billion on NASA's climate efforts, $400 million on NOAA's, and another $300 million for the National Science Foundation. The states also have a piece of the action, with California—apparently not feeling bankrupt enough—devoting $600 million to their own climate initiative. In Australia, alarmists have their own Department of Climate Change at their funding disposal.
このように、気候研究のための欧州委員会のごく最近の予算はほぼ30億ドルに到達する。(それにはEUの加盟政府から資金が含まれていない。)アメリカ下院は、13億ドルをNASAの気候変動調査に対する努力、4億ドルをNOAA(米国気象観測衛星)、3億ドルを全米科学財団のための使うつもりだ。各州もいくばくかの行動を起こす。破産を十分に感じとっていないカリフォルニアでは、6億ドルをカリフォルニア自身の気候イニシアティブにささげようとしている。オーストラリアでは、人騒がせな人が資金を自由に使える気候変動省がある。

And all this is only a fraction of the $94 billion that HSBC Bank estimates has been spent globally this year on what it calls "green stimulus"—largely ethanol and other alternative energy schemes—of the kind from which Al Gore and his partners at Kleiner Perkins hope to profit handsomely.
そして、上記は「緑の刺激策」940億ドル(HSBC銀行推定)のごくわずかな部分なのだ。「緑の刺激策」とは、主としてバイオエタノールと他の代替エネルギー構想で、クライナー・パーキンス(ベンチャーキャピタル)のアル・ゴアと彼のパートナーがかっこよく利益を得ようとしている。

Supply, as we know, creates its own demand. So for every additional billion in government-funded grants (or the tens of millions supplied by foundations like the Pew Charitable Trusts), universities, research institutes, advocacy groups and their various spin-offs and dependents have emerged from the woodwork to receive them.
周知だが、供給はそれ自身の需要を引き起こす。それで、政府資金(またはPew Charitable 信託のような基金による数千万ドル)、大学、研究所らによる補助金10億ドルごとに、活動グループとその分派と扶養家族は、補助金を受け取るために、ぞろぞろと出てきた。

Today these groups form a kind of ecosystem of their own. They include not just old standbys like the Sierra Club or Greenpeace, but also Ozone Action, Clean Air Cool Planet, Americans for Equitable Climate Change Solutions, the Alternative Energy Resources Association, the California Climate Action Registry and so on and on. All of them have been on the receiving end of climate change-related funding, so all of them must believe in the reality (and catastrophic imminence) of global warming just as a priest must believe in the existence of God.
今日、これらのグループは、彼ら自身の一種の生態系を形成する。彼らは、シエラクラブやグリーンピースのような古い控えだけではなく、Ozone Action、Clean Air Cool Planet、Americans for Equitable Climate Change Solutions、Alternative Energy Resources協会、California Climate Action Registry、その他を含む。彼ら全員は気候変動関連の資金提供を受ける側だったので、聖職者が神の存在を信じなければならないのと同様に、彼ら全員は地球温暖化の現実(そして、切迫した破滅)を信じなければならない。

None of these outfits are per se corrupt, in the sense that the monies they get are spent on something other than their intended purposes. But they depend on an inherently corrupting premise, namely that the hypothesis on which their livelihood depends has in fact been proved. Absent that proof, everything they represent—including the thousands of jobs they provide—vanishes. This is what's known as a vested interest, and vested interests are an enemy of sound science.
彼らが得る金が意図された目的以外の何かに使われるという意味において、これらの団体の1つとして本質的に腐敗したとは言えない。しかし、彼らは本質的に腐敗した前提に依存しており、彼らの生活手段がその仮説に依存することが実際に証明されたのだ。その証明なしでは、彼らが示す、すべては消え去る―彼らが提供する数千の職を含めて―。これは既得権として知られており、既得権は健全な科学の敵だ。

Which brings us back to the climategate scientists, the keepers of the keys to the global warming cathedral. In one of the more telling disclosures from last week, a computer programmer writes of the CRU's temperature database: "I am very sorry to report that the rest of the databases seems to be in nearly as poor a state as Australia was. . . . Aarrggghhh! There truly is no end in sight. . . . We can have a proper result, but only by including a load of garbage!"
そしてそれは我々を「クライメイト・ゲート」科学者(地球温暖化大聖堂の鍵守り)に戻す。先週からのより効果的な発表のうちの1つにおいて、コンピュータープログラマーはCRUの温度データベースについて書いた。:「残りのデータベースがオーストラリアとほとんど同じくらい貧しい状態にあるようだと報告するのは非常に残念...。アーーア!本当に、見える所に終わりがない...。多くのゴミデータを含めることによってのみ、我々は適当な結果を得られる!」

This is not the sound of settled science, but of a cracking empirical foundation. And however many billion-dollar edifices may be built on it, sooner or later it is bound to crumble.
これは、確立した科学の音ではなく、経験主義の基盤がひび割れる音なのだ。しかし、多くの数十億ドルの建築物はそ上で建てられるかもしれない。遅かれ早かれ、それは砕けるにちがいない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。