マイレージ、キャッシュバックを稼ぎにくくなる今、どうすべきか?高還元率K-POWERカードの次を考えていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尖閣諸島事件の中国漁船だが、みずきに故意に衝突した
こと、海中に放りだされた人がいることが分かった。

役者
1.中国漁船閔晋漁5179号 全長33m、 166トン

軍用船を漁船に改造しただけあって、船首が尖っていて強そうだ。
中国漁船

2.海上保安庁みずき   全長46m、 197トン
右舷後方に傷が見える。


3.海上保安庁よなくに  全長89m、1349トンよなくに

中国漁船とみずきが同等の大きさで、よなくにはずっと
大きい
ことを覚えておいてほしい。

報道(毎日新聞他複数を総合)によると、

2010年9月7日10:15
尖閣諸島久場島(くばじま)北西約15キロの領海内で、
操業中の中国漁船を海上保安庁の巡視船「よなくに」が
発見、領海外へ退去するよう警告した。

漁船は逃走。

(抜け落ちた説明1)

よなくにの船尾付近の左舷側に中国漁船の左舷の船首が
接触し、甲板のてすりの支柱1本が折れた。


漁船は逃走。

(抜け落ちた説明2)

同日10:56
漁船は尖閣諸島久場島(くばじま)北西約15キロの領海
内で、巡視船「みずき」(197トン)の右舷後方に接触
し、高さ1m、幅3mのへこみができた。

(抜け落ちた説明3)

漁船は領海外へ逃走。「はてるま」を加えた3隻の巡視船が
漁船を追いつめ、同日12:56同島の北北西約27キロの日本
の排他的経済水域(EEZ)で、みずきが強行接舷し、乗組
員が停船させた。

「海上保安官の立ち入り検査への妨害が極めて危険・悪質」
として船長を拘束。
9月8日0:23船長を公務執行妨害で逮捕。

抜け落ちた説明とは何か?

抜け落ちた説明1
漁船に対してよなくには併走または、追走していたはず。
よなくには大きな船なので、小さな漁船ほど容易に
方向を変える事はできない。左舷同士がぶつかるためには、
漁船が途中で進行方向を変えて、よなくにと反対方向に
振り切ろうとしためというのが自然。
故意にぶつかった
可能性が高いが、断言はできない。

フォーサイトによれば、船長は、事件の際にも白酒(アル
コール度の高い中国製ウオッカ)をあおり泥酔していた。


正常な判断力をなくした酒乱がひと暴れして、日中関係を
めちゃくちゃにしたのか?

抜け落ちた説明2
みずきの右舷の傷を見てほしい。
みずき(産経新聞)

目安として写真の人のかかとから腰の上までを1mとする。
写真から読み取れるように、右舷中央よりやや後ろに
大きな点状の初期衝突痕があって、それから船尾方向
左下に向けて接触痕が3m継続し、その後、水平方向に
3mに渡って点々と接触痕が継続している。


点状の初期衝突痕の右側には擦った跡がない。
大きな点状の初期衝突痕は漁船5179号が45から60°位の
角度でみずきの右舷前方から故意に突っ込んで来たため
と推測する。
その瞬間、みずきの右舷は衝撃と共に約1mせり上がり、
同時に左舷は1m下がって、その状態は数秒間続いたと
思われる。水平方向の点状の接触痕はみずきが左右に
揺れ、漁船と離れる瞬間があったためにできたものだ。

衝突の衝撃で(複数の)人間が海に放り出された。
(放り出された方向は左舷側なので、巷でうわさされて
いるような、中国漁船の人間が銛で突いたというような
状況はここでは起こらないだろう。)

驚くべきことに香港のifeng.comのニュースの中で使われて
いる再現アニメに中国漁船が突っ込んで、4人の人間が海に
放り出される場面がある
。出典はここ
この事実は日本では報道されていない。
報道規制がかかっているのだろう。
また、全員助かったのだろうか??
(銛で突いたといううわさの他に、殉職のうわさもあるので心配。)
(ただし、この再現アニメだとみずきの左舷側に衝突して
いる(笑)。ここはうそです。)
尖閣諸島 海保 殉職 ?

海上保安庁のビデオが公開されなかったら、この再現アニメ
が事実ということになってしまう。強く公開を望む。

抜け落ちた説明3
関数電卓で10:56と12:56のみずきの位置の直線距離を計算
してみると、約15kmとなった。2時間かけて15kmということは、
漁船の船長は単純に領海外に逃げるつもりはなくて、
あっちへ行ったり、こっちへ来たりしていた可能性が
高い。その間にはかなりの危険行為や挑発行為があったと
推測する。
「海上保安官の立ち入り検査への妨害が極めて危険・悪質」
というのも理解できる。

10月30日大阪のデモは、ビデオ公開を主に訴えて、声を
上げて公開につなげてほしい。

11/7追記。漁船の衝突方向に関して
解釈の誤りがありました。
修正見解はここ

スポンサーサイト

田母神俊雄前航空幕僚長が会長を務める「頑張れ日本! 全国行動委員会」が10/16
に行ったデモ「中国大使館包囲 尖閣侵略糾弾! 緊急国民行動」に関連して、色々な
サイトを見ていた訳だが、googleアドセンスで

「尖閣諸島へ行くなら」

と表示されて、ロボットの浅はかさを笑ってしまった。画像を下に示す。

尖閣諸島に行くなら

本当に行けたらいいのにと思いつつ、ポチッとすると、この表示。

誠に申し訳

まあ、この状況下では当然とは言え、機会があればいってみたいとも思う。




米国ミシガン州に行ってきた。
レンタカーで移動するのにガーミンのnuvi205(日本語版、株式
会社いいよねっと製)に北米用マップソース
City Navigator
North America
NT 2010 【SD/microSD】
¥12,600
を入れて使用した。購入先はオリフラム。http://www.oriflame.jp/

以下は自分なりの使用方法。

1.北米用マップソース(microSDカード)をnuvi205の左側
  のスロットに入れて電源ON.

2.海外でGPSの現在位置を認識させる。
  -を押しまくって、世界地図状態にしてから、居場所
 (今回は米国ミシガン州デトロイト)に合わせる。



3.数分間で現在位置を認識して地図上に車のマークが現れる。
(写真ではGPSオフになっているが、実際に合わせるときはGPSはオン
でないといけない)




4.現在位置が分かったので、あとは目的地を入力できればナビとして動く。
  だが、日本語版なので、日本住所検索では北米の目的地を検索できない。
  目的地検索を押すと右下に出てくる矢印を3回押すと、海外住所検索が出て
きて、これで入力可能だが、私は別の方法を使った。

5.それはグーグルマップの併用だ。グーグルマップで目的地を検索し、拡大して
  表示する。nuviの地図画面をグーグルマップに合わせて表示し、目的地に矢印
  を合わせて保存する。名前がついている場所であれば、その名前で保存される。
  名前がない場所には名前を聞いてくるので、入力する(日本語、英語OK)。

6.事前作業として同様の方法で目的地をいくつか事前に保存しておく。

7.目的地検索→お気に入り→リストから目的地を選択→出発 でナビが始まる。

実際の使用実感だが、極めて良好。ミシガンのハイウエイは分かれ道の手前だと
4車線位あることがしばしばなので、安全運転のためにはあらかじめ適切な車線に
いることが大事。
ハイウエイでは数キロ先でも次が右か左か隅に表示されているので、適切な車線で
走行できる。曲がる400mくらい手前で、「出入り口です。右の車線を走行してくだ
さい」的なアナウンスが日本語で入る。あとはそれに従うだけ。
道路サインを見逃して、えらく遠回りすることが一切なく、快適だった。

気をつけていたのは、左折で右車線に入るよう心がけていた事と、ミシガンターン
と呼ばれる左折禁止のところで、交差点を行き過ぎて180°ターン車線に入って
180°ターンしてから右折することを間違えないようにするくらい。
でも、右折の赤信号で止まっていたら、後ろの車にホーンを鳴らされた。

交通安全にかかわるところにより注意をおけるということで、良い製品と思う。
おすすめする。


前からの続きだがいきなり挫折。

1.楽天カード持ちが楽天プレミアムカードに申し込む時、
同じ国際ブランドにする必要がある。
よってVisaからMasterに変えるということはできない。

2.プロバイダ変更のキャンペーンページから
うまく入れない。メールを送ったが、きちんとした
回答なし。

よって、方針変更。
楽天プレミアムカードはとりあえず申し込まない。

プロバイダ変更は
997円 8ヶ月無料のキャンペーンがよさそう。9/30まで。
2年間の出費は997円x16ヶ月+5250円=21202円となる。
Yahoo  39816円と比べると、18614円のメリット。

気になったので少し調べてみた。
BB exiteのプロバイダ接続料がもっと安かった。

http://bb.excite.co.jp/norikae/?_s=60b21f834c8f94c1580b4

2年分のBB Exciteコストは525円x23ヶ月+5250円=17325円
Yahoo  39816円と比べると、22491円のメリット。

やっぱりBB Exciteにしよう。



やっぱりハンドだよね。
ボールが急所付近に当たって、玉が暴れそうになったので、
分からないように横に少し流したようだ。
責めるべきは審判で、ハンドをした選手はうまくやったと思う。
あまり騒ぐのもどうかと思う。





ギリシャのデフォルトはあるのか?2

前回2/6のエントリー
ギリシャのデフォルトはあるのか?
で、ギリシャのデフォルトはまだないと言っていたのだが、
ギリシャの状況に変化が出てきた。

S&Pがギリシャ国債格下げ
米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、
ギリシャ国債の長期信用格付けを「トリプルBプラス」から
「ダブルBプラス」に3段階引き下げたと発表した。

3段階引き下げは投資家に「ギリシャ国債を叩き売れ!!」
と言っているのも同じで、ドイツ国債との利回り差は年利15%
になっているという。

CMADatavisionには国債のCDSデータがのっている。
Mid SpreadはCDSの取引中値、CPDは市場参加者が見る
5年以内の債権デフォルト確率。
http://www.cmavision.com/market-data

CMADatavisionでの2010年4月28日の値は748.62だった。
市場参加者が見るギリシアのデフォルト確率は2/6の図中の式で
計算すると42%となる。

ギリシャのCDSスプレッド、ベネズエラを上回り世界最大に=CMA
ロイターによれば、さらに悪化して、911.6bpとなり、ベネズエラ
を上回って世界最悪になった。これはデフォルト確率50%に相当する。

「EUにはいられなくなるけど、まだデフォルトはないのでは?
 ここのところの急激な上昇は速すぎるので、CDS価格が
 今の2倍になれば、いよいよヤバイと言っても良いかと。」
と2/6に書いたが、デフォルトがいよいよ現実的な話になってきた。

22日には公務員が大規模ストを実施し、
「早晩、現政権が倒れて、内戦の危険が高まるかと思います。」
と2/6に書いた状況に近づきつつある。今後のドイツの態度に注目。

デフォルトになった場合、日本への直接的な影響はないが、
EU各国には大きな影響があり、景気悪化の形で間接的に日本も
被害をこうむるだろう。

そのほか2/6に述べた案件では
「国際制裁に切れた飢えた北朝鮮の南進」については、

韓国軍、3月の軍艦船沈没は北朝鮮の魚雷が原因と判断=聯合ニュース

と依然緊張は高く、ひょっとすると朝鮮戦争はすでに再開して
しまったのかもしれない。

「中国の高失業率から来る暴動悪化→貿易停止で世界経済に影響」
については、財政支出により、中国経済は一時的に活況を呈しており、
予測は外れている。

中国、痛み伴っても不動産バブルに対処すべき=中国証券報

欧州がふらふらになったら、いくら中国といえども、バブルが
はじけるのは時間の問題で、多分1年以内に混乱が見られるだろうと
思っている。

以上。
なぜ中国は麻薬犯罪に厳罰で臨むのか?

中国で麻薬密輸罪で死刑が確定していた日本人に対して4月6日
死刑が執行された。

アヘン戦争が中国の麻薬厳罰政策に大きな
影響を及ぼしたと見ている。


アヘン戦争の復習

アヘンが中国に本格的にもたらされる以前は、英国と中国の貿易は
茶、陶磁器、絹などを輸出する中国の輸出超過だった。

銀の国外流出を防ぎたい英国政府の意を受けた
英国商人たちは、インドで栽培したアヘンを中国に
輸出し、銀の海外流出防止に対する貢献をした。


1796年清国はアヘン輸入を禁止したが、アヘンの密輸入は止まら
なかった。1800年には米国商人も通常の取引に加えて、アヘン取引
を開始した。

サッスーン商会、ジャーディン・マセソン商会などがアヘン取引に
より巨額の利益を得ていた。

アヘンに対する清国の政策論としては、
①弛禁論・・・合法化して関税を課す
②厳罰論・・・徹底的に取り締まる
があったが、1836年道光帝が林則徐を欽差大臣というアヘン取締の
特命大臣に任命し、林がアヘン取引に対して厳罰を処したことにより、
英国との緊張が高まっていった。

1839年九龍事件をきっかけとし、貿易が中断したが、アヘンを取り
扱わないと誓約した英国と米国の商人にのみ貿易再開を認めたことで、
英国を刺激しついに交戦状態となり、貿易が停止した。

ジャーディンは押収されたアヘンの完全補償と貿易再開を目的として
英国政府、英国議会を説得して、出兵に踏み切らせた。薬物汚染は
英国議会にも広がっており、保守党党首自身がアヘン製剤常習者だった。

1842年まで、途中色々あったが、戦闘継続。
1842年 南京陥落。南京条約締結により戦争終結。
多額の賠償金、香港の割譲、上海租界の設定など、清国にとっては
苦い結果となった。

こういった経緯を見ると、麻薬は亡国の腐食剤
であり、麻薬犯罪に対して厳罰で対処するという
ことは、非常に筋が通ったことであると思う。


また、英国という黒い紳士には、よく注意して付き合わないといけない。

映画「阿片戦争」(1942)より
http://www.youtube.com/watch?v=I-DtwXlYqJs

映画が作られた当時、日本は英国と交戦中というバイアスはあるものの、
下のセリフは今でも通用するだろう。

広東総督府欽差大臣 林則徐(市川猿之助)

「大英帝国の紳士諸君!
たとえ君たちがこの戦いにいかなる口実を練る事をしようとも、
正しい歴史は必ず君たちの指導とカントリーを使役する。

そして君たちは必ずいつの日か、いつの日か、
この様にまいた悪の種を自らの手で、必ず自らの手で、
刈り取らねばならなくなるだろう!


その言葉どおり、香港は1997年に中国に返還された。

「みんなのうた」に不適切映像…DVD回収へ (YOMIURI ONLINE) を読んで、
「おばあちゃんの背景に女性の尻や胸、下着姿の写真がそれぞれ
約0・1秒ずつ映っていることが判明した。」と言われる画像を検証してみた。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100402-OYT1T00928.htm

はっきりいってわいせつでもなんでもない。

「酸いも甘いもかみ分けるおばあちゃんの人生経験」
が走馬灯のように流れていくほんの一瞬なわけで。

なのに、なぜこんな画像を問題視してDVD回収にNHKを駆り立てるのか?

漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案

が影響を及ぼしていることは間違いないと思う。18歳かどうかなんて主観的な判断だし、
ポルノに反対するNHKがポルノを放置しているとでも言われかねないから。

だが、今回の反応は過剰だったと思う。

大東亜戦争前から戦争中にかけて、表現の制限が
だんだん険しくなり、そこから外れたことを表現すると
逮捕、弾圧される世の中がまたやってくるのであろうか?



なお、権利者から要請があれば、下記の画像は消去します。

コンピューターおばあちゃん1

コンピューターおばあちゃん2

コンピューターおばあちゃん3
小沢一郎先生はかつていい事を言っていた。
あとは「先ずは隗より始めよ」ですね。

日本改造計画 小沢一郎著(1993年) p71-p73より引用。

一億二千万人の目で政治資金を監視
一方、政治資金制度の改革は、政治資金の全面公開と政治活動への公的助成の拡大を二本柱とすべきである。
政治資金をめぐる一番の問題は、資金が巨額である半面、その流れが著しく不透明であることから、政治家が政治資金で私腹を肥やしたり、公正であるべき政策決定がカネで歪められているのではないかと、疑念を持たれていることである。とぺに、近年、政治資金絡みのスキャンダルが相次いだことで、国民の政治不信は議会制民主主義の根幹を揺るがすまでに高まっている。このところの各種選挙における投票率の異常な低下は、その一端をのぞかせている。
しかし、政治家の側からすれば、現在の制度では自分の潔白を証明しようにも手だてがない。国民の不信が根強いだけに、ただ単に釈明するだけでは信じてもらえない。
 どうすれば国民の不信を解消することができるか。まず、政治資金の出入りを一円に至るまで全面的に公開し、流れを完全に透明にすることである。それによって、政治家が不正を働く余地も、国民が不信を抱く余地もまったくなくしてしまう。
 政治家の政治資金団体を一つに限り、政治活動にかかわるあらゆる資金はそこを通してのみ受領、支出し、一年ごとに全面公開する。これだと、公私の区別のはっきりしないドンブリ勘定も政策決定などに絡んだカネのやりとりもできなくなる。政治家にとっては全面公開は潔白証明書となる。
 政治家や有識者の一部には、オンブズマンなどの監視機関をつくり、規制を強化すべきだという意見がある。しかし、それは官僚の権限を肥大化させるだけで、明らかに時代の要請に逆行しており、監視の効果も実際にはほとんど期待できない。全面公開により、一億二千万人が直接政治資金の流れをチェックするのが、最も民主的で最も効果的な監視である。
 さらに、企業や団体による政治献金は政党に対してのみとし、政治家個人への献金は禁止してもいい。理論的にはおかしいことだが、政治家と特定の企業、団体との関係について疑いを持たれる余地をなくし、国民の政治不信を払拭するためにはやむを得ないと思う。
 しかし、こうすると、政治資金はほとんど集まらない。個人による少額の献金しかなくなってしまう。したがって、政治活動費は公費で助成する以外にない。
月額一干万円であれ、二干万円であれ、政治家の政治活動費は十分に助成する。もちろんそれは政治資金団体に入れ、使途も含めて公開する。政治活動に欠かせない文書、通信、交通の各費用は無料にすればよい。また、政党に対しても議員数に比例して公的資金を支出すべきである。  こうした公的助成のための支出は年間一干億円程度と見られる。しかし、現行制度下での政治スキャンダルの続発と、それによる政治の停滞と国民の政治不信の高まりというデメリットを考えれば、健全な民主政治のコストとして決して高い出費ではないと思う。
 政治資金制度の改革と同時に、政治資金規正法違反者に対する罰則を強化し、政治腐敗防止制度を確立すべきである。具体的には、違反者を公民権停止処分にし、違反の言い逃れを封じるために連座制も強化する。
 これは、他の刑罰とのバランスからいえば、重すぎることになるが、政治家が自らの重い責任を果たすために自分自身を厳しく律する自律・自浄の措置として実施すべきだと思う。政治資金公開と同様に、政治家自身が責任と倫理を明確にする制度として確立すればよい

引用終わり。

ユーラシア・グループ 2010年の十大リスク、5位に「日本」  
日本編 全文訳

1/7の概要訳に続いて日本の部分を全文訳してみた。
原文は
http://eurasiagroup.net/pages/top-risks

5 - Japan
What happens when the ruling party loses power in a one-party state? You get a zero-party state. That has effectively happened in Japan, and it’s hard to overstate the importance of the sweeping political change--indeed it’s unprecedented for a major industrial democracy. The new Democratic Party of Japan’s (DPJ) efforts to limit the influence of bureaucrats and industrialists are creating higher policy risk, especially after upper house elections in the summer.
5-日本
一党支配の国で与党が権力を失うとき、何が起きるか?無党支配である。それは日本で意図されたように起こった。そして、大幅な政治的変化の重要性を誇張しすぎることはない。実際、それは多くの産業を擁する民主主義にとっては前例がない。特に夏の参院選の後、官僚と産業界の影響を制限する新たな与党である民主党の努力は、より大きな政策リスクを形成しているつつある。

Currently Prime Minister Yukio Hatoyama is holding back on that agenda given coalition and electoral constraints. But indications are that the DPJ would stick with its electoral mandate and not continue its present more cautious policy positions if it gains control of the upper house. Given Japan’s extraordinary fiscal constraints, that’s going to be tough to pull off, particularly since the sidelining of senior technocrats makes it much more difficult to put flesh on the bones of DPJ policy goals.
現在、鳩山由起夫首相は、連立と選挙制約が与える政策課題を明らかにしていない。しかし、民主党が参院の多数を占めるなら、民主党がマニフェストに固執して、現在のより用心深い政策的位置を続けないだろうという兆候がある。特に上級官僚の排除が、民主党の政策骨子への肉付けをずっと難しくするので、日本の並外れた財政制約を考えると、なかなかうまくやれそうにない。

The real power in the DPJ regime is long-time party boss Ichiro Ozawa, who, himself tainted by scandal, remains outside the cabinet and so behind the formal policy scene. It’s quite possible that Hatoyama won’t last the year. He’s not a skillful campaigner nor an effective decision-maker, and has a scandal of his own around his neck. Insiders are already looking to someone like Deputy Prime Minister Naoto Kan or even the more youthful and policy-savvy Kazuhiro Haraguchi to take Hatoyama’s place--even before the upper house elections.
民主党政権の本当の権力は、長年にわたり党のボスである小沢一郎である。スキャンダルにまみれて、閣外、すなわち公式の政治舞台の裏に居続けるのだ。鳩山首相が今年をまっとう出来ないことは、かなりあり得る。彼は政治的キャンペーンが上手でないし、意思決定者として効果的でもなくて、自身のスキャンダルが首にまとわりついている。事情通は鳩山の地位に代わるものとして、参院選挙の前であっても、菅直人副総理やより若くて政策通の原口一博のような者に、すでに目を向けている。

If so, regardless of the merits of the actual successor, the DPJ will appear to be simply a continuation of the post-koizumi era succession of weak governments, but this time without the benefit of a strong unified bureaucracy to guide policy and with a much more worrisome economic situation. Meanwhile, uncertainty over how 2010 will play out for the DPJ and the party’s less favorable disposition toward the business community is likely to harm financial confidence, deepening economic woes.
もしそうならば、実際の後継者の長所に関わらず、民主党は単に小泉時代以降の弱い政府を継承するように見える。しかし今回は政策ガイドラインに対して、強い一枚岩の官僚機構の手助けがなく、経済状況もずっと気がかりである。
一方、民主党と、財界に対する好ましいとは言えない民主党の傾向に2010年という年がどう力を尽くすかという事が不確実なので、その不確実性は財政的な信頼を傷つけ、経済的な苦難を深めそうである。

Some pundits worry that the United States will replicate Japan’s lost decade. For 2010, the greater risk is that Japan might be starting another one.
一部の専門家は、アメリカ合衆国が日本の「失われた10年」をなぞることを心配する。2010年にとって、より大きなリスクは日本が新たな「失われた10年」を始めているかもしれないということである。

以上。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。